小顔になりたい場合、ダイエットを行って余分な脂肪を無くすことである程度は対処できますが、本格的に顔を小さくしたいと考えるのなら骨格からいじっていかなければなりません。顔の大きな人の場合、骨から問題があるケースも多々見受けられますので、痩せるだけでは満足のいく結果が得られないことが多いようです。手術を受ける場合、骨を切るわけですから当然様々なリスクが出てきますが、腕の良いところで行ってもらうと安全に理想の顔型に近づけることができますので施術後の満足度は非常に高くなります。まずは顔のどの部分に不満があって、どのように変えていきたいのかを明確にしておくことが重要であり、その要望を伝えることで必要な施術にはどのような種類があるのかを知ることができます。

手術の内容は個々の悩み別に選ぶ

小顔の整形手術を受ける時には、抱えている悩みを解消してくれる方法を考えます。骨格の中でも、例えば上顎前突や下顎前突というように口元部分にコンプレックスを抱えているケースもありますし、しっかりとしたエラやアゴを何とかしたいと思っている人も多いようです。また、頬骨やおでこの形に悩みを持つ人もいて、骨格に関する悩みは人それぞれであることが分かります。最近ではそれぞれの顔の悩みに対処できるような手術が用意されていますので、正しい施術の方式を選んで手術を受けることができれば理想の顔を手に入れることができます。骨を削るとただ単に小顔になるだけでなく、与える印象がずい分違ってきますので、自分に自信が持てるようになって前向きにアクティブに過ごせるようになります。

気を付けたい術後の過ごし方について

美しいラインを手に入れるための手術ですが、無事に終わった後でも気をつけなければならないことがあります。最初に、手術は全身麻酔で行われますので直後に帰宅することはできません。手術が終わった後1~3時間ほど休んでから帰宅することになりますので、必要に応じて宿泊などの予約も取っておく必要があります。また、麻酔が切れてくると腫れが見られる間は痛みがありますので、処方された鎮痛剤を飲むことも大切です。痛みは時間の経過と共に徐々に薄れていきますが、痛みが強い場合は無理をする必要はありませんので薬を服用するようにしましょう。腫れが治まるのは手術を受けてから2週間後くらいになりますので、その間は施術を受けた箇所が気になる人も多いようです。腫れがある間はお手入れも程々にして回復に専念することが大切です。