目鼻立ち以上に、見た目の完成度を左右し、顔全体のバランスや全身のスタイルにも影響するのが美しい輪郭です。顔が小さいほど、全身のバランスが良くなり、スタイルが良く見えたり、顔のプロポーションが良くなることにより、美人度がアップしたりするので、小顔になるための骨格矯正の手術が、最近大変注目されています。あごやおでこ、頬など骨が出ているところを削って、骨の形を矯正することは、手術が必要になるため、美容整形でしかできません。メイクやマッサージ、ヘアスタイルでイメージを軽やかにすることはできても、骨の形を変えることができるわけではないので、美容整形の効果に比べると小さくなります。特に、コンプレックスになっているという人には、美容整形で相談することをおすすめします。

美容整形でできる骨格矯正の手術方法

顎が突き出ていて長い人や頬骨が飛び出してごつごつした印象になっている人、エラの部分が張っていて顔が大きく見える人など、顔の骨の形のせいで悩みがあるという人に人気があるのが、美容整形の骨格矯正の手術です。あごが長くて突き出て見える場合には、あごの先の骨を削ることで整った顔立ちになり顔が小さく見えるようになります。頬骨が飛び出している人は、出ている骨を削ることで、柔らかい顔立ちで若々しい印象になります。頬骨削りをすると、鼻が高く見えるようになるというメリットもあり、顔全体のバランスが整います。大きく張り出したエラを削ると顔が小さく穏やかに見えるようになります、小顔効果もあるので、人気がある手術です。骨を削ることで顔が確実に小さくなり、悩みが目立つコンプレックスを解消することもできます。

骨格矯正をする美容整形の選び方

顔の骨が張り出していて、目立つ場合、ごつごつとしていて力強く、頑固な印象を持たれやすいので、骨削りなど、美容外科で行う手術を受ける人が増えてきています。昔は、美容整形の手術に抵抗がある人が大変多く、骨削りをする人は少なかったのですが、最近は技術の進歩により、自然に小顔になれる仕上がりの良い手術ができるようになり、安全性も高まったことや美意識が高い人が増えてきたことを背景に、美容外科で手術を受ける人が増えてきているのです。骨削りは、高い技術を必要とする繊細な手術です。美容外科を選ぶときには、料金を比較して安いところを選びたくなるかもしれませんが、症例数が多く、実績があり評判の良い病院を探すことが大切です。カウンセリングを受けて、ドクターと直接話して、自分との相性や提案内容を確認してから決めることをおすすめします。